2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

京都紅茶 椿堂

旅行3日目は市内を少し離れてJRで東福寺()へ移動

その東福寺の敷地内にテントが張られていて
そのテントの中で「京都紅茶」なるものを発見

「京都紅茶」を知らなかった私は
「テントの中で売ってる程度の紅茶なら、大したことないね…」と
心の中で毒を吐きつつ、発酵具合を店員さんに確認し、一つだけ買ってみました

image59.jpg
帰宅して、飲んでみたところ…
「お、おいしい」と唸る

あまりの美味しさにパッケージやHP()を見ると
京都紅茶は登録商標までされていて
原料には最高級碾茶(てんちゃ よく見かける甜茶とは別)に
使用する品種「あさひ」や玉露の奨励品種「ごこう」など
京都特有の個性的な品種茶葉を使用していて自然発酵したものだとか。
そして、椿堂は東福寺の社寺御用達の由緒正しき立派な茶舗でした
(無知って怖い・笑)

完全発酵されているので、飲んだ瞬間は紅茶なんだけど
後味にほのかに上品な日本茶を感じます
今までの飲んだ国産紅茶の中では一番好きかも…

表記の抽出は90秒になってたけど
OPタイプで、私は2分で。
水色はクリアな赤
image60.jpg

京銘菓の「阿闍梨餅」(あじゃりもち )と一緒にいただきました

これまで、本やテレビのメディアで多数紹介されてたみたいです
和製烏龍茶を意味する「和龍茶(わろんちゃ)」も試してみたいところです



長くなっちゃったけど、その東福寺
image61.jpg

やっぱり、こちらも紅葉は9割終わりがけだそうで^_^;
それでも、まずまずキレイでした
image62.jpg

苔も見事
image63.jpg

庭園も美しくて
image64.jpg

image65.jpg

高校の修学旅行先が京都・奈良だったのですが
当時は、どのお寺、神社、庭園を見ても
何の感動もなく、違いも分からず、もううんざり…といった感じだったけど
私も年をとって、ようやくこういうものの良さが分かるようなったなーと。

時代背景や歴史も知っていれば、もっと楽しめるんだろうけど
このあたりはこの年になってもあまり興味が持てず…


次回は紅葉真っ盛りの時に訪れたいものです
[ 2012/12/17 ] 紅茶 国産紅茶 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://12crystal.blog.fc2.com/tb.php/21-40da62e1